2011年11月11日

PGO G-MAX220で最高速トライ富士

G-MAX220の最高速を計測。
富士の本コース最高速イベントにて
雑誌 オートバイ主催ミニバイク最高速決定戦「MAXZONE mini」
http://www.autoby.jp/blog/2011/02/maxzone-mini-20.html
開催場所「富士スピードウェイ」(国際レーシングコース)(静岡県)

今回はマフラーとタイヤ交換だけでテスト。
軽量化 無し
エンジン・プラグ ノーマル
吸気系・エアクリーナー ノーマル
駆動系 全てノーマル

マフラー MAC-MRDチタン
http://goodstage.seesaa.net/article/211628271.html
タイヤ F/BT601 R/HOOP−Pro

「結果」(記録)メーター読み143km
(これはスリップストリームを使用しての記録)
自力での最高速メーター読み141km

完全ノーマルの数値は他に任せ、現実的にG-MAX220オーナーの使用状況を考慮し排ガスの規制を外しただけの計測を考え、しかもレース用マフラーではない政府認証ストリート仕様。軽量化も一切せず、駆動系もウエイトローラーなど全てノーマル。吸気系もすべてノーマルのG-MAX220はどの位のスクーターかにピントを合せた。しかし初めての富士の本コースは興味と恐怖を感じタイヤをハイグリップに。フロントは定番の超ハイグリップBT601、リアは13インチで言うHOOP−Proを選択。しかしタイヤサイズが異なり130-60-13から130-70-13と外径が大きくなり駆動輪の最高回転数=最高速アップになった可能性が有り。
G-MAX220なかなかヤルお気軽ちょい乗りコンパクトスクーターだ。
次回はエンジンはノーマルで、吸気系・最高速スペシャル駆動系だけを追加し、どの位まで記録が伸ばせるか試してみたい。吸気・排気・駆動だけの最高速は、エンジンを壊す事無くストリートオーナーにも安心して楽しんでもらえるチューニングになる。

このマフラーは
http://goodstage.cart.fc2.com/
簡単通販にて購入可能です。

20110611_01.jpg
計測したG-MAX220
20110704_02.jpg
10年ぶりの富士スピードウェイ
20110704_03.jpg
スクーターの人たちと
maxzone_2.jpg
計測っ!!
20110906_08.jpg
無事終了
20110705_05.jpg
走行後はチタンに焼け色が入って楽しい

人気ブログランキング応援して下さい!
posted by GS-BOSS at 00:33| Comment(0) | PGO G-MAX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。